店舗案内 >
来店予約 >

SUIT / CARING FOR SUITS
スーツ豆知識 お手入れ方法

お手入れ方法
Caring for Suits
スーツ豆知識
お手入れ方法

スーツのお手入れ方法

一日着たら一日休ませましょう

ウールは、「呼吸する繊維」です。湿気を吸ったり、吐いたりしています。
一日着た後は、厚手のハンガーに掛けて吸い取った湿気を発散させましょう。

1日着たら1日休ませましょう

ブラシはまめにかけましょう

普段のちょっとした、汚れやホコリは放っておかないこと。
ホコリなどついたままプレスするとシャキッと仕上がらず、服地(生地)を傷める原因にもなります。

ブラシはまめにかけましょう

ポケットのものはすぐに出すクセを

ポケットに物を入れっぱなしにしていませんか?
服の形が崩れてしまいます。外出から帰ったらすぐにポケットから物を出すクセをつけましょう。

ポケットのものはすぐに出すクセを

蒸気をあててリフレッシュ

湿気を発散させるということと矛盾するようですが、ウール製品には時々、蒸気を当ててリフレッシュすることをお忘れなく。
スチームアイロンでプレスするのが一般的ですが、お風呂場などに掛けるのも簡単な方法です。

蒸気をあててリフレッシュ

プレスする時は、「当て布」を忘れずに

プレスする時、「当て布」を忘れないでください。「当て布」にもウールを使うといわゆるテカリを防げます。
ドライ型アイロンを使う場合は当て布をよく湿らせてからプレスしてください。

蒸気をあててリフレッシュ

汗汚れはウエットクリーニングがオススメ

汗の場合、水溶性の汚れですからドライクリーニングしても汚れは取れずに残ってしまいます。汗は塩分を含んでいますから汚れをそのままにしておくと変色の原因にもなります。
衣替えの時には、ドライクリーニングではなく、ウエットクリーニングしてから保管されるのをおすすめします。
クリーニング屋さんによって名称が違うかもしれませんが、「汗抜きクリーニング」など、「ウエットクリーニング」をご指定ください。

汗汚れはウエットクリーニングがオススメ

シミができたら

シミができたら

シミ抜きの基本は、「シミがついたらすぐ取る」ことです。時間が経てば経つ程、取れにくくなります。

まず、乾いた布で叩くようにして取れるものだけ取り除いたら、その後は水溶性の汚れなら水で、油類なら洗剤や溶剤を使って摘むようにして取り除いて下さい。シミの種類によって処理方法が違います。

それでは、いくつかのシミ抜きの例を挙げてみます。

醤油・酒類 ぬるま湯で落としてみて落ちない場合は、アンモニアか中性洗剤です。
コーヒー・紅茶 急いで水で固くしぼったタオルで摘むようにして拭き取ります。生クリームやミルクが入っていた場合は、薄い洗剤液に浸した布で叩くように してシミ抜きをします。
時間が経って茶色のシミになったりしますと、なかなか取れにくくなりますから、洗剤液で拭き取った後、レモン片か、酢を浸した布で拭き取って下さい。
鉄さび 酢で浸した布で拭き取ってから、市販の「さびとり」で拭いてみましょう。
牛乳・乳製品 まず、お湯を含ませた布で軽く拭き、その後、残った脂肪分を洗剤液で拭きます。それでもシミが残るようなら、アルコールか、ドライクリーニングで。
果実汁・ジュース ついて間もない場合には、水またはぬるま湯を含ませた布で拭きます。シミになった時は、牛乳などの場合と同じように、洗剤液を使って拭き取ります。
血液 水洗いしてから石鹸またはアルコールで洗い、その後アンモニア液に浸します。
ガム ガムの柔らかいうちは、かえって取り難いので、水で冷やして剥ぎとります。
車の油 まずベンジンで摘むように拭き取り、その後で中性洗剤液で落とします。
泥はね よく乾かしてから指先で弾き落とし、その後からブラッシングします。
インク 青インクと赤インクとでは、シミ抜きをする薬が違います。
その他 いろいろ試してみて、結局よく落ちない場合があります。そんなときはシミになった原因を説明して、クリーニング店にまかせましょう。